キャッシング 即金

すぐ借りられるキャッシング

すぐ借りられるキャッシングというと即日キャッシングという言葉を思い出しますが、最近のネットで借入れは審査のスピードも早く、銀行カードローンなら30分程度、アコムやプロミスなどの消費者金融系の会社なら数分で審査が完了します。驚きのスピードですね。即日借りるには、条件もありますが、最近は、所得証明書の提出が50万以下であれば不要などゆるい場所もあるので借りやすくなったといえますね。

 

一飯の恩は忘れまい。

大学生の頃、苦学生だった私は貧困に喘ぎ、毎日のように食べるものに困っていました。
一日一食なんてザラで、二日間水とマーガリンを摂取して過ごしたこともあります。
そんなとき、同じく苦学生をしていた友人が、私に唐揚げ定食をおごってくれたのです。
お腹を鳴らしながら笑顔でごはんを食べさせてくれた友人に、いつか必ず恩を返そうと思いました。
大学卒業後、社会人になった私は、以前ほど貧乏暮らしに悩まされることはなくなりました。
風の便りで、友人は一流企業を退職後企業して、会社を切り盛りしていると聞きました。
あいつならいつかやると思っていたなどと、仲間内では誇りとなっていました。
ある日、数年ぶりに友人から連絡があり、食事をすることになりました。
久しぶりに会う友人は、心なしか痩せていて、疲弊しきっていました。
どうやら、会社の経営不振で借金をしてしまったらしく、知り合いを当たってお金を借りて回っていると話してくれました。
私は「これだけで良いの?」と言いながら友人に5万円を貸して、食事代を持つことにしました。
そんなことはしてもらえないと友人は遠慮しましたが、私は、学生時代の恩を返すならここだと思いました。
その後、友人の会社は持ち直したそうです。

 

今日10万円必要
専業主婦OKローン|女性向けローン、即日融資OK!
主婦も申し込めるカードローン はこちら!

 

お金にまつわる姉妹のバトル

 

あれは私がまだ小学5年生だった頃の話です。
私には6つ上の姉がおり、お互い反抗期だったのか、くだらないきっかけでよくいがみ合いをしていました。
ある日、そんな姉が突然私に優しくなって、お菓子とジュースを部屋に運んで来てくれたり、私の布団を干したりしてくれたのです。
これは何か裏があるはずだと読んだ私は、早々と姉の親切を断って、本題に入ってもらいました。
姉はしおらしく、実はパーマを当ててみたいのだが、そのためのお金を借りてほしいと頼み込んできました。
6歳も下の妹(しかも小学生)に、お金を貸してもらおうとする姉は、改めて思い返してみても中々ひどいですが、ひどいのはこれより先です。
私は「絶対に嫌だ」と思っていましたが、一応金額を聞いてみました。
姉は「一万六千円」と答えました。
なんと全額負担でした。
小学生の一万六千円なんて、恐ろしいほどスケールが大きいのです。
私には貯金がありましたが、コツコツ貯めてきたお金を、姉の髪の毛をクネクネさせるために使われるなんて、死んでも嫌だと拒否しました。
姉は「今度バイトをしたときに返すから」となおも頼み込んできましたが、私は断りました。
姉は「ケチんぼ!」と逆ギレで応戦してきましたが、結局一万六千円は貸してあげませんてした。
生意気なことですが、私は昔からお金が大好きで、好きだから使わずに取っておくという価値観の持ち主でした。
姉は、正反対です。"

 

趣味や旅行に使うお金

 

昨年は国内旅行と海外旅行をしました。
沖縄、石垣島への旅行で一人7万円×4人家族でした。
アメリカ、ロサンゼルスへの4泊6日の自由旅行で一人15万x2人使いました。
おみやげや現地での食事でプラス10万くらい使っていると思います。
カードで少し使いすぎたかもしれません。
旅行以外では、趣味にお金を使っています。
海外ドラマが好きで、新作が出るとレンタルショップに借りに行きます。
新作料金が一本450円くらいですので、シリーズものですと、結構な額に
なります。
(一シリーズ12本くらいなので)
また気に入った海外ドラマは廉価版ですがDVDを買っています。
他には通っているスポーツクラブの会費と、ジョギングウェアや水着、シューズなどです。
会費は月7000円ほどで、週三回くらい通っています。
その他は、外食代です。
毎週金曜は週末なので、夜外食することが多いです。
二人でだいたい4.5千円。飲んで、食べてです。

最近はホットペッパーなどのクーポンを使うとかなり安くなり、いつも行っている焼き鳥
やさんはなんと20%オフになります。
にしても毎週飲むのはもったいないかな、隔週くらいがいいかな、と思うことがあります。
あとは被服費です。季節の変わり目やバーゲンに合わせて、二万〜三万円くらい
使っています。
今年はコートは買わなかったのですが、コートなど大物を買うときは五万円以上の出費に
なることもあります。